« ブログを書けない理由 | トップページ | 墓、葬式は未だに偏見・差別の対象 »

2014年7月22日 (火)

「0(ゼロ)葬」批判を書いた

今年の梅雨は「梅雨らしい梅雨」であった。
湿度が高く、いつ、どこに雨が降り出すかわからない、という局所的豪雨はあるし、はなはだ不快な毎日だった。

7月22日、きょうから梅雨明け、「夏」到来。
湿度さえ低ければ、いいのだが。

島田さんの「0葬」への批判を雑誌に書いた。
今週中にも送れるだろう。

島田さんの本が世の中をリードしているのではなく、彼の主張するような環境が生まれ、それを彼が書き、本が売れるという流れだ。

でも彼の提供してくれる話題は、いかにもマスコミが取り上げやすいので、『週刊ポスト』と『週刊現代』がすぐさま取り上げている。
ポストにしろ現代にしても、そのテーマを取り上げるなら、もう少し掘り下げがあればいいのにそれがない。
「売れればいい」式の安易さである。

また批判するほうにしても、「儀式は大切だ」「伝統慣習の大切さ」ばかりの薄っぺらなもの。

マスコミといっても「風俗」的関心と変わっていない。
どんどん議論の水準が低下している感じだ。

95年くらいには「個」という問題を背景に話題となり、議論となった気がする。
今やなんでもあり、を背景としているので煮詰まらない。

どうも「終活」にしろ「0葬」にしても、
「これ以上要支援の高齢者が出ると生きている者が迷惑するので、迷惑かけないように死んでね」
…とでも言っているかのようだ。
それが「大往生」とか「自由意思」のような看板の下で言われるものだから質(たち)が悪い。

「高齢者だから大往生」、というのは高齢者ではない者の高齢者をおじょくった言い方に聞こえてしまう。
「終活」は、高齢者が周囲に迷惑をかけずに生きて、死んでね、…という脅迫観念の植え付けではないかしら、と思ってしまう。

« ブログを書けない理由 | トップページ | 墓、葬式は未だに偏見・差別の対象 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

葬儀」カテゴリの記事

葬送」カテゴリの記事

報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「0(ゼロ)葬」批判を書いた:

« ブログを書けない理由 | トップページ | 墓、葬式は未だに偏見・差別の対象 »

フォト

仲間

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック