« 火葬事情の実態 | トップページ | 老いと死、生活と墓~個のレベルから見た死と葬送(1)~ »

2016年12月19日 (月)

輿や葬列の写真を見たことがありますか? 樹木葬や大震災の遺体安置所の写真も

YouTube「びきまえ」404回更新
これからは若い人たちの時代だと思う。
ここにいる人たちも含め、優秀な40代が育っている。
先日会った2人の葬儀にのめり込んでいる連中とか。
託すべき人間は育っている。


彼らにどうつなげていくか、それが課題なのだと思う。
さて昨年のことであるが、東京都行政書士会の会報『Puente』vol.16
「特集 少子高齢社会の‘別れ‘を考える~日本人の死生観は変わったか~」
を取り上げていて、そこに寄稿した。

これが東京行政書士会のホームページからダウンロードして読める。
私が書いたのは第2部に掲載されている。
テーマは、いつもの「変わりゆく葬送事情」

そこに意図的に写真をたくさん掲載した。
構成とともにどんな写真があるかを示す。

1.葬送の「今」
 ここに新潟。妙光寺の安穏廟の写真、散骨の写真、樹木葬(一関)の写真、寺の納骨堂の位牌堂の写真、を掲載。
2.東日本大震災の心的打撃
 遺体安置所の写真
3.東日本大震災と「仮埋葬」
 仮埋葬地の写真、仮埋葬掘り起し作業の写真
4.火葬と感染症
 煙突のある火葬場の写真
5.「家墓(イエハカ)」の誕生
 首都圏の洋型墓地の写真
6.葬儀の個人化、小型化
 明治期の葬列図絵、白木輿・大正時代の葬列・火葬場ビム号の写真
歴史を知る、ということでは参考になる写真だろうと思う。
(文章も読んでほしいが。)
東日本大震災では約2万人という犠牲者が出た。
テレビ、新聞でほとんど紹介されなかったのが遺体安置所。
1枚だが載せておいた。

他にりすシステムや国立歴史民俗博物館の記事もあり、読むことができる。

« 火葬事情の実態 | トップページ | 老いと死、生活と墓~個のレベルから見た死と葬送(1)~ »

葬送の歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 火葬事情の実態 | トップページ | 老いと死、生活と墓~個のレベルから見た死と葬送(1)~ »

フォト

仲間

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック